月別アーカイブ: 2015年1月

Instagramが日本全国100カ所で“撮影オフ会”、地方の魅力発信へ(ニュース)

 米フェイスブック(Facebook)傘下のスマートフォン向け写真共有サービスであるインスタグラム(Instagram)は2015年2月1日から28日までの間に、日本の全47都道府県で「インスタミート(InstaMeet)」と呼ぶ撮影会を実施する。

【特報】シスコシステムズ元社長の平井氏、楽天の副社長に就任(ニュース)

 シスコシステムズ合同会社の元社長である平井康文氏が2月1日付で楽天に入社することが本誌取材で明らかになった。入社時は代表権のない副社長として入社し、2月中旬に開かれる取締役会の決議を経て代表取締役副社長に就任する予定。楽天が2014年10月末から開始した格安スマートフォンサービス「楽天モバイル」を統括する。

サポート終了まで半年を切るも、まだ残るWindows Server 2003(記者の眼)

 2015年7月15日(日本時間)に延長サポートが終了するWindows Server 2003。2014年12月4日に調査会社のIDCジャパンが発表した調査結果によると、Windows Server 2003かそれ以前のバージョンを採用するx86サーバーの設置台数は、2014年末時点で21万台になる見込みという。

U-NEXTが光コラボに参入、モバイルとセット割りで3人家族が月額1万円(ニュース)

 U-NEXTは2015年1月28日、NTT東日本およびNTT西日本からの光回線卸「光コラボレーションモデル」の開始を受け、2月1日から同社ブランドの光回線サービス「U-NEXT光」の提供を開始すると発表した。同社が提供する格安モバイルデータ通信サービス「U-mobile」と組み合わせた「U-NEXT光 & スマホ コラボレーション」の提供も併せて開始する。家族割引も導入する。

GoogleのMVNO参入、狙いはIoTによる新ビジネス創出か(情総研レポート)

 米GoogleがMVNO(仮想移動体通信事業者)事業に参入するという計画が現地時間2015年1月21日に報じられた。報道によると、Googleは米T-Mobile USと米Sprintのネットワークを利用して、携帯電話向け通信プランを消費者に販売したいと考えているという。しかし、これだけの理由でGoogleはMVNOに参入しようとしているのだろうか。これまでの情報を基に大胆に推測してみた。

(8)困ったときのメールのトラブル回避&バックアップのテクニック(ヤバイメールの処方箋)

 メールにファイルを添付して送ろうとして、付け忘れてしまうことはよくある。GmailとThunderbirdでは、メールの文中に「添付」などと書いたり、それを送信しようとしたりすると、警告や添付ファイル追加ボタンなどが表示される。どちらも初期設定で有効になっている。

第123回 ゲーム以外でも加熱するアプリのテレビCM展開、その成果とリスクは(佐野正弘が読み解く スマホアプリマーケット傾向と対策)

 ここ最近、急速に利用が増えているのが、スマートフォン向けアプリのテレビCMによるプロモーションだ。最近では、これまでの主流だったゲームアプリだけでなく、エンタテインメントや実用系のアプリもテレビCMを放映するようになってきた。なぜこれほど、テレビCMを使ったアプリのプロモーションが増えているのだろうか。その背景について、改めて考えてみた。

(7)すぐに使えるメールの効率アップ&自動化のテクニック(ヤバイメールの処方箋)

 受信したメールの差出人は、アドレス帳に手軽に登録できる。Gmailでは差出人のアドレスにマウスポインターを合わせるとウインドウが現れるので、「連絡先に追加」を選択。Outlookではアドレスを右クリックし、「Outlookの連絡先に追加」を選ぶ。

NTTが東京五輪のゴールドパートナー1号に、サイバーテロ対策へ万全を期す(ニュース)

NTTグループは2015年1月26日、2020年に開催される「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」のゴールドパートナー第1号に決定したと発表した。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、大会組織委員会)との間で、日本代表に関する6年間のパートナー契約を結んだ。

(6)PCに山ほどたまったメールは高リスク(ヤバイメールの処方箋)

 「受信したメールはパソコンのハードディスクに記録する」。確かに数年前は、それが当たり前の使い方だった。今でも踏襲している人は多いだろう。でもちょっと待ってほしい。それで大切なメールをしっかりと守ることができるのだろうか。

「ウエアラブル」「カメラ」テーマのハッカソン、光るアイデアが続々(ニュース)

 2015年1月18日、東京・下北沢にて「Bar android Extended #3 オープンアイデアハッカソン」が開催された。Androidに関わる有志が集う場所としてスタートした「Bar android」が主催。2014年11月から草の根的にアプリ開発の会を設けてきたが、本格的なハッカソンは今回が初めてとなる。テーマはAndroid WearとソニーのCamera Remote APIで、このいずれか、もしくは両方を用いてユニークなアプリを作るのが目的だ。

NECがオールインワンIP電話システム強化、内線をグループ化(ニュース)

 NECとNECプラットフォームズは2015年1月23日、電話機500台規模までの中小規模事業所向けにIP電話の交換機機能をオールインワン型で提供するアプライアンス機器「UNIVERGE Aspire UX」の機能強化について発表した。内線をグループ化し、一つの内線番号で複数の端末を同時に鳴動させられるようにする。新機能を搭載したバージョンは2月4日に出荷する。

1万円台タブレット比較レビュー Amazon、エイスース、ファーウェイどれがおすすめ?(週末スペシャル)

 7型画面のタブレットは、低価格帯の製品だと1万~2万円程度で購入できる。中国製のノーブランドタブレットに加えて、大手メーカーもこの価格帯に製品を投入しており、選択肢は多い。ただ、いざ買おうと思っても、どれを買って良いのかがわかりづらい。安物買いの銭失いにならないためにも、なるべく良い物を買いたいものだ。

ドコモ光で販売現場は大混乱?既存プロバイダーに及ぶ影響を予測(山崎潤一郎のデジタル危険地帯)

 前回、NTTドコモが2015年2月からの開始を予定している「ドコモ光」(通称セット割)を取り上げ、同サービスの固定インフラを受け持つNTT東日本・西日本の「サービス卸」について解説した。後編の今回は、ドコモ光の実像に迫りたい。

パイプドビッツ、メール配信サービスの迷惑メール対策を強化、DMARCの設定を事前チェック(ニュース)

 パイプドビッツは2015年1月21日、メール配信やアンケートといった名簿ベースの業務アプリケーション機能を提供するPaaS/SaaS基盤「スパイラル」において、メール配信時の迷惑メール対策を強化した。メール配信の前に事前にチェックできるセキュリティ項目を増やし、メール送信者認証の設定に問題がないかどうかだけでなく、メール送信者認証を活用しやすくする仕組みであるDMARCの設定に問題がないかどうかを調べられるようにした。