月別アーカイブ: 2015年12月

[中国・アジア]携帯やスマートフォン関連の記事が多数を占める(2015年アクセスランキング発表!)

 中国・アジア関連では、今年は携帯やスマートフォン、タブレットに関連する記事が多数ランクインした。これは、こうしたツールを製造・供給しているメーカーの多くが、中国や韓国、台湾資本であることと大きく関係している。

運転中止の山手線E235系、1両18トンの重りで停止ソフトを再検証(ニュース)

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は2015年12月24日、山手線用の新型電車「E235系」の試運転を12月27日から来年1月14日にかけて行うと発表した。E235系は2015年春から試運転が始まり、11月30日から営業運転に入ったが、次世代車両制御システム「INTEROS(インテロス)」の不具合(バグ)のためその日のうちに営業運転を打ち切っていた。

[第3回]真夏の熱に苦しむ、大規模Wi-Fiでは有線側の設計が重要に(東京ドーム53個分の巨大屋外無線LANをどう作ったか?)

 実際の運用に入ると、真夏の開催、しかも何ら遮へい物がないだだっ広い屋外なので、熱問題に苦しめられました。ポール上に設置したケース内に入れたLANスイッチがPoEで電力を供給しているせいもあってものすごく熱を持つ。遠隔監視で温度を調べると、75℃とかになってるんです。75℃は普通のLAN機器では利用できない温度です。

宇宙に飛び立つラズパイ拡張ボード、温湿度や気圧などのセンサー搭載(Linuxレポート)

 ISS(国際宇宙ステーション)で動かす予定になっているRaspberry Piの公式拡張ボード「Sense Hat」が発売された。文字などを表示できるマトリクスLEDのほか、加速度、磁気、気圧、温湿度など6種類のセンサーを備える。簡単なPythonプログラムで制御できる。価格は5400円。

FaceTimeからLINE電話に代えて分ったこと(松田次博 間違いだらけのネットワーク作り)

 今年の春まで、家族6人ともiPhoneユーザーだった。離れて暮らす家族同士でFaceTimeをけっこうよく使っていた。ところが、妻がiPhoneを解約し、安いSIMフリースマートフォン(データ専用)とソフトバンクのフィーチャーフォン(電話専用)に代えたため事情が変わった。AndroidなのでFaceTimeが使えなくなったのだ。

[第1回]1つの国と同規模のICTインフラを仮設、屋外はカバレッジ最優先(東京ドーム53個分の巨大屋外無線LANをどう作ったか?)

 2015年7月28日から8月8日の12日間、山口市で「第23回世界スカウトジャンボリー」(23WSJ)が開かれた。 WSJは4年に1度開かれるスカウトの世界大会。東京ドーム53個分の広い敷地に、世界161の国と地域から3万人以上の青少年が集い、キャンプ生活を共にする。 国立天文台の大江 将史助教は23WSJ会場に世界最大クラスの屋外無線LANを敷設。その構築・運用について、10月1日にITpro EXPO 2015会場で講演した。本レポートは大江助教の講演を再録してお届けする。

運転打ち切りの山手線新型電車「E235系」、ソフトのバグで電車が止まる時代に(記者の眼)

 鉄道ファンの筆者が“2015年最後のビッグイベント”として注目していたことがあった。11月30日。JR東日本山手線の新型電車「E235系」の営業運転開始である。ところが、11月30日午後に営業運転を開始したE235系は、数時間に3度の運転トラブルを繰り返した。同日夜、終電を待たずに営業運転を打ち切り、車庫へと戻った。

[第4回]802.11acにおける既存規格との共存技術(前編)(徹底解剖!802.11ac――規格策定にも関わった第一人者が解説)

 11ac対応製品は既に市場に登場していますが、すぐにすべての無線LAN機器が11ac対応に置き換わるわけではありません。従って、11ac規格は、旧規格製品すなわち11aあるいは11n対応製品と、11ac対応製品を混在させた形で利用することを想定しなければなりません。

[第3回]802.11acの高速化・伝送効率改善技術(後編)(徹底解剖!802.11ac――規格策定にも関わった第一人者が解説)

 当初の802.11規格では、無線フレームの設計として、イーサネットフレームのペイロード部分(最大1500オクテット)をそのまま格納する形をとっていました。このため、APや端末はイーサネットフレームを1つ送信する度に送信権(チャネルアクセス権)を取得する必要がありました。この設計は、11a/b/g規格においても踏襲されましたが、伝送速度の高速化に伴い、問題が顕在化してきました。

第4回 事の軽重が分かってない~上位職宛説明力欠乏症~(仕事で勝てる!ビジネス文章治療室)

 この連載では、仕事に勝てる「ビジネス文章力」をテーマにしている。良いビジネス文章を書きたいなら、単に礼儀作法を知っているだけではダメである。ビジネススキルを向上させること、これが良いビジネス文章を書くための条件である。

新gTLD(Networkキーワード)

2012年以降に利用できるようになった、新しいトップレベルドメイン(TLD:Top Level Domain)。TLDとは、URLやメールアドレスなどに使われるドメイン名の末尾に付く文字列。新gTLDには「.tokyo」「.club」「.microsoft」「.skype」といった、地名や分野名、企業名、商品名などにちなんだもの約800種類がある(2015年11月上旬時点)。英数字だけでなく、漢字やひらがな、カタカナ、アラビア文字、キリル文字なども利用可能である。

[第5回]産業用制御システム(ICS)に対する脅威とその対策(IoTが直面するセキュリティという挑戦)

 産業用制御システム(ICS)は、日常生活に不可欠な電力、水道、ガスといった重要インフラ基盤や製造現場におけるプラントを制御する。ICSにおいては、コンピュータによるプラントなどのシステム監視やプロセス制御が行われる。

コストパフォーマンスが抜群な「Acer Liquid Z530」(SIMフリースマートフォンを徹底レビュー)

 今秋、日本エイサーが日本のSIMロックフリー市場に本格参入した。その第1弾が5インチのHDディスプレイを搭載するAndroidスマートフォン「Acer Liquid Z530」だ。スペックではミドルクラスに位置付けられるが、ハイレゾ再生やパソコンとの連携など、上位クラスにひけを取らない機能も備えている。家電量販店での実売価格は2万4800円(税抜)。まさに「格安スマホ」と言っていいモデルだが、その費用対効果はいかに?