月別アーカイブ: 2016年3月

広告ブロック機能を標準搭載 OSSブラウザー「Brave」を試す(Linuxレポート)

 米Brave Software社は2016年1月20日、新たなWebブラウザー「Brave」のベータテストを開始した。広告ブロック機能を標準で備えるOSSブラウザーだ。代わりに安全な広告を表示し、収益をサイト運営者にも分配するユニークな事業形態を予定する。公開中のソースコードをビルドしてテストした

この春登場したThinkPad X1 Carbonの欠点は1つだけだ(戸田覚のIT辛口研究所)

 最近、魅力的なパソコンが少ないと嘆いている人に、ぜひチェックしてもらいたいのが、今回レビューするレノボ・ジャパンの「ThinkPad X1 Carbon」最新モデルだ。旧モデルと比べても外観が似ているうえに、製品名も同じなので、一見、何が変わったのか分かりにくいかもしれない。

ネットショップのBASE、新店向け全ドメインを「HTTPS」に(ニュース)

 ネットショップ運営支援を手掛けるBASEは2016年3月30日、新規店舗向けのドメインを全てHTTPSにすると発表した。同日に新設したドメインを含む10件が対象。スマートフォン利用者の増加に伴い、公衆無線LANからネットショップを利用する消費者が増えたとみて、安全性を高める。

iPhoneは本当に安全か、米司法省がアップルの協力なしにデータ復元(ITpro Report)

 米アップルと米司法省が真っ向から対立したことで話題を呼んだ、iPhoneのロック解除問題。銃乱射事件の捜査において、国家権力がどこまで個人のプライバシーに踏み込めるのか、米大手IT企業などを巻き込む議論に発展してきた。

iPad miniを電話として使う際の「壁」(松田次博 間違いだらけのネットワーク作り)

 ある企業でiPhoneを営業マンの生産性向上のために導入しようとトライアルをした。その結果、目的の業務をするうえでiPhoneよりも画面の大きいiPad miniのほうが良いということになった。iPhoneはもともと電話機であるから、090番号などで携帯電話を使えるし、ソフトフォンを搭載してスマホ内線を実現するのも簡単だ。

自治体で始まるセキュリティクラウド構築、「1360億円商戦」にITベンダー熱視線(News & Trend)

 全国の地方自治体が、サイバーセキュリティ対策の強化に乗り出している。総務省が自治体のインターネット接続ポイントを集約し、高度なセキュリティ監視を行う「自治体情報セキュリティクラウド」の構築を推進しているからだ。

[データは語る]標的型攻撃対応が最優先の企業は23.7%、過去3年間で最高―JIPDECとITR(ニュース)

 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とアイ・ティ・アールは2016年3月17日、国内企業のIT利活用動向調査の速報結果を発表した。標的型サイバー攻撃について「最優先で対応が求められている」とした企業は23.7%に達し、直近3回の調査で最多となった。

議事録作りやアイデア出しには無料のChromeアプリが便利だ(戸田覚のIT辛口研究所)

 今回は、2つの変わり種Chromeアプリを紹介する。ChromeアプリはWindowsだけでなくMac(OS X)でも、Webブラウザー「Chrome」をインストールすれば同じように利用できる。まず取り上げるのは、「Mic Note - Voice Recorder & Notepad」だ。

どんなデバイスからでもPDF文書にメモできる(究極の「自分メモ」活用術)

  PDFは、古くからある定番のファイル形式だ。書類の電子化が進んで、利用機会が増えているように感じる。基本的に編集できないからか、仕事の書類として出回ることがとても多いのだ。こうしたPDFファイルにメモとして注釈やコメントを入れるときにストレスなく意図を伝えられるのは、やっぱり手書きだ。重要なところは大きな文字で書いたり、ぐるぐると丸印を付けることもできる。テキストベースの注釈やコメントよりもストレートに伝わる。

[第3回]閉域モバイルで革新する企業ネットワーク──iPhoneを内線電話機に活用する事例を紹介(IoT時代の企業ネットは「閉域モバイル+SIMフリー端末」にシフトせよ!)

 閉域モバイルサービスを生かして経済性・利便性が高く、付加価値を生む企業ネットワークを実現するには、閉域モバイルを主体にするという発想の転換が必要だ。閉域モバイルが主体となった企業ネットワークは、モバイル網と固定網は一体となってイントラネットを構成し、端末の過半がモバイル網に収容される。スマートフォンは内線・外線兼用の電話端末として、オフィス内でも外出先でも常に閉域モバイル網に接続して使われる。

iPhoneの「メモ」は紙のメモを超越した(究極の「自分メモ」活用術)

 「情報共有による生産性の向上」をテーマに、クラウドサービスやアプリの活用法を紹介していく。「情報の共有」と言っても、ここで取り上げるのは他人との共有ではなく、デバイス間での共有だ。スマホやパソコンで記録した、いわば「未来の自分へのメモ」を作成し管理する方法を考えていく。最初に取り上げるのは、iPhoneの標準アプリ「メモ」だ。

[第1回]企業ネットワークとSIMフリー端末、モバイルサービスの動向(IoT時代の企業ネットは「閉域モバイル+SIMフリー端末」にシフトせよ!)

 今回の特集では代表的な閉域モバイルサービスの仕組みや活用方法を事例に基づいて紹介するとともに、SIMフリースマホの最近の動向、格安SIMやSIMフリー端末をより経済的、効果的に使うためのポイント、さらには最近話題のIoTでの活用を紹介する。

Java SE 8でのパラレルストリームの生成や基本的な使い方(最新Java情報局)

 ストリームでパラレル処理を行うには、パラレル処理用のストリームを使用します。しかし、パラレル処理用のストリームの型はjava.util.stream.Streamインタフェースなどで、シーケンシャルなストリームと変わりません。今回はパラレルストリームの生成や基本的な使い方から、パラレルストリームを使う上での注意点まで説明していきます。