月別アーカイブ: 2017年1月

企業で無線LANを安定して使うには?(ネットワーク図鑑)

 企業で使う無線LANと、家庭用無線LANにおける最大の違いは、大量のユーザーが同時に利用しても安定して使えるように配慮している点だ。このため、単独の無線LANアクセスポイント(AP)を使うことはまずなく、コントローラーと併用するのが基本だ。

鳴かず飛ばずのソフトバンクがKDDIを見習う、明暗分かれた電力サービス(ニュース解説)

 ソフトバンクはこれまで鳴かず飛ばずだった電力サービス「ソフトバンクでんき」を刷新し、中部電力と関西電力のエリアで「おうちでんき」を開始する。かたやKDDIの「au でんき」は至って順調。何が明暗を分けたのか。

日本オラクルがシングルサインオンのSaaS、「戦略的価格で挑む」(ニュース)

 日本オラクルは2017年1月30日、シングルサインオンのクラウドサービス「Oracle Identity Cloud Service(IDCS)」の提供を始めた。本多充執行役員クラウド・テクノロジー事業統括Fusion Middleware事業本部長は「戦略的価格設定で先行してサービスを提供している競合に挑む」と話した。

2016年の中国スマホ市場、地場メーカーのOppoとvivoが急成長(ニュース)

 香港の市場調査会社、Counterpoint Technology Market Researchが現地時間2017年1月27日までにまとめた中国のスマートフォン市場に関する調査によると、2016年第4四半期(10~12月)における同国の出荷台数は前年同期から12%増加、前の四半期から9%増加した。これにより同国におけるスマートフォンの年間出荷台数は過去最高を更新した。

企業ネットワークのバックボーンエリアって何?(ネットワーク図鑑)

 企業ネットワークを、ユーザー接続エリア、インターネット接続エリア、サーバーエリア、バックボーンエリアの四つに分類したとき、バックボーンエリアは、残り三つのエリアを結ぶ、文字通り背骨のような基幹機能を果たすエリアだ。

サムスンがGalaxy Note 7の発火原因を発表、だが韓国ユーザーの反応はいまいち(趙 章恩「Korea on the Web」)

 サムスン電子のコ・ドンジン社長は2017年1月23日、ソウル市で記者会見を開き、Galaxy Note 7の発火原因を調査した結果、最終的にバッテリーの欠陥だったと結論付けた。また、新機種Galaxy S8からはバッテリーの安全性検査を強化し、生産した端末を全量検査すると発表した。

サイバーエージェントがネットテレビ「AbemaTV」の有料版刷新、映画も見放題(ニュース)

 サイバーエージェントは2017年1月26日、テレビ朝日と手掛けているネット動画配信サービス「Abema(アベマ)TV」の有料メニューを刷新すると発表した。現在の見逃し番組の視聴機能に加え、映画などが見放題になる機能を追加し、新サービス「Abemaビデオ」として提供する。

サイレックス、アプリケーション組み込み用無線LANプラットフォーム「LB-100AN」(ニュース)

 サイレックス・テクノロジーは、 Linux OSを搭載したアプリケーション組み込み用無線LANプラットフォーム「LB-100AN」を2017年1月31日に発売する。機器メーカーは、ハードウエアやドライバーソフトの開発に労力をかけることなく、自社製品・サービスの特色となるアプリケーションの開発に専念できる。

「三姉妹CMで知名度がグンと上がった」、UQが春商戦の説明会を開催(ニュース)

 UQコミュニケションズ(以下UQ)は2017年1月25日、2017年春商戦向けの取り組みに関する説明会を開催した。発表は大きく、スマートフォン関連とWiMAX関連に分かれる。スマートフォン関連は認知度の向上に伴い好調と説明。「後発のため認知度が2016年6月時点で24%と低かったが、10月に始めた三姉妹のCMのおかげで同年12月には71%に急上昇した。10月以降新規契約数も伸びており、2017年度のMVNOにおける新規市場では30%のシェア獲得も見えてきた」(代表取締役社長の野坂章雄氏)。

怪しいメールはPDF化して読む、標的型攻撃メールの対策ラズパイ端末(「みんなのラズパイコンテスト2016」全受賞作品)

 「berrySafe」は標的型攻撃メールに対応するメール端末のラズパイ用アプリケーションです。人に代わってメールを受信し、内容を判定してラベルを付け、危険なメールはPDF化したうえでチームウエアの「Slack」で受信者に通知します。

怪しいメールはPDF化して読む、標的型攻撃メールの対策ラズパイ端末(「みんなのラズパイコンテスト2016」全受賞作品)

 「berrySafe」は標的型攻撃メールに対応するメール端末のラズパイ用アプリケーションです。人に代わってメールを受信し、内容を判定してラベルを付け、危険なメールはPDF化したうえでチームウエアの「Slack」で受信者に通知します。

善戦する「AirPods」が決定付けたワイヤレスオーディオ市場(米国発! Appleニュースの読み解き方)

 米アップルの「AirPods」は「iPhone 7」シリーズと組み合わせるために発売された。iPhoneに付属してきた「EarPods」のケーブルを取り外し、左右独立型のBluetoothワイヤレスヘッドホンとして登場させた。発売はiPhone 7から3カ月遅れ、現在も品薄状態が続く。現状をどう評価すべきだろうか。

善戦する「AirPods」が決定付けたワイヤレスオーディオ市場(米国発! Appleニュースの読み解き方)

 米アップルの「AirPods」は「iPhone 7」シリーズと組み合わせるために発売された。iPhoneに付属してきた「EarPods」のケーブルを取り外し、左右独立型のBluetoothワイヤレスヘッドホンとして登場させた。発売はiPhone 7から3カ月遅れ、現在も品薄状態が続く。現状をどう評価すべきだろうか。

DDoS攻撃招くIoT機器に回収騒ぎ、マルウエア「mirai」の脅威が深刻に(ニュース解説)

 IoT機器のセキュリティ脆弱性の問題が2016年末、相次いで判明した。一般消費者向けのPC周辺機器で2機種が出荷停止などを迫られた。IoTの本格的な普及を前に、メーカーや利用者は一段とセキュリティ意識を向上させる必要がある。

5Gはユーザーの望む機能を提供 真っ先に取り組みたい遅延問題(編集長インタビュー)

 2020年の商用開始に向け、国内における技術開発やトライアルの取り組みが活発になってきた5G(第5世代移動通信システム)。IoT(Internet of Things)など、4Gまでとは異なる要求にどのような技術で応えていくのか。日本の5G推進をけん引する第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)で技術委員長を務める大阪大学の三瓶教授に聞いた。

日本ユニシス、全国のローソンで中国の決済サービス「支付宝(Alipay)」を利用可能に(ニュース)

 日本ユニシスは2017年1月24日、モバイル決済サービス「支付宝(Alipay)」を、全国のローソン約1万3000店舗で同日付で提供開始したと発表した。支付宝(Alipay)を利用している訪日中国人は、支付宝(Alipay)のモバイルアプリを使ってレジでの支払いができるようになった。

日本ユニシス、全国のローソンで中国の決済サービス「支付宝(Alipay)」を利用可能に(ニュース)

 日本ユニシスは2017年1月24日、モバイル決済サービス「支付宝(Alipay)」を、全国のローソン約1万3000店舗で同日付で提供開始したと発表した。支付宝(Alipay)を利用している訪日中国人は、支付宝(Alipay)のモバイルアプリを使ってレジでの支払いができるようになった。

NTTコム「OCN モバイル ONE」に月20GBのコースと30GBのコースを新設(ニュース)

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は2017年1月24日、モバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」で20GB/月コースと30GB/月コースを新たに提供すると発表した。提供開始は2月1日。動画をよく視聴する人や、家族で通信容量をシェアする人、スマートフォンやタブレット端末、ゲーム機など複数の端末を利用する人に向くとする。

NTTコム「OCN モバイル ONE」に月20GBのコースと30GBのコースを新設(ニュース)

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は2017年1月24日、モバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」で20GB/月コースと30GB/月コースを新たに提供すると発表した。提供開始は2月1日。動画をよく視聴する人や、家族で通信容量をシェアする人、スマートフォンやタブレット端末、ゲーム機など複数の端末を利用する人に向くとする。

Yahoo!、Q4決算は市場予想を上回る、中核事業売却はQ2完了の見込み(ニュース)

 米Yahoo!は現地時間2017年1月23日、市場予想を上回る2016年第4四半期(2016年10~12月)決算を発表した。また、米Verizon Communicationsによる中核事業買収の手続き完了時期が、当初見込んだ2017年第1四半期から第2四半期にずれこむ見通しであることを明らかにした。

Yahoo!、Q4決算は市場予想を上回る、中核事業売却はQ2完了の見込み(ニュース)

 米Yahoo!は現地時間2017年1月23日、市場予想を上回る2016年第4四半期(2016年10~12月)決算を発表した。また、米Verizon Communicationsによる中核事業買収の手続き完了時期が、当初見込んだ2017年第1四半期から第2四半期にずれこむ見通しであることを明らかにした。