月別アーカイブ: 2017年9月

北朝鮮やランサムウエア、サイバー攻撃リスクとどう向き合う(記者の眼)

 社会、企業を取り巻くサイバーセキュリティ環境が劇的に変化している。ほんの数カ月前の状況と比べても、サイバー攻撃のリスクや脅威は比較にならないほど大きくなってしまった。リアリティーのあるBCPとしてサイバーセキュリティ対策を組み込むことが待ったなしの情勢だ。

iPhone 8の発売後5日間の販売台数は前年比3割減、BCN集計(ニュース)

 市場調査会社のBCNは2017年9月28日、米アップルが9月22日に発売した「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」について、大手家電量販店における発売から5日間の販売台数が2016年9月発売の「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」と比べ3割減にとどまったと発表した。

テレビCM素材を全国の放送局にオンラインで搬入、NECが10月に新サービス(ニュース)

 NECは2017年9月28日、「テレビCMオンラインサービス」の提供を10月2日に開始すると発表した。日本民間放送連盟の「オンラインCM搬入暫定規準」に基づき、広告会社および制作会社と放送局の間でオンラインによるテレビCM素材の搬入を可能とする環境をクラウド型で提供する。

破たん寸前だった「FREETEL」、楽天には“良い買い物”(ニュース解説)

 楽天は2017年9月26日、プラスワン・マーケティングが「FREETEL」のブランド名で展開するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業を買収すると発表した。突然の買収劇に驚かされたが、業界関係者の間では「資金繰りが厳しく、経営破たんは時間の問題」と見る向きが多かったようだ。

シスコがシステム管理クラウド「Cisco Intersight」を発表、将来はAIで自律運用も(ニュース)

 シスコシステムズは2017年9月26日、システム管理のパブリッククラウドサービス「Cisco Intersight」を発表した。サーバー、ネットワーク、統合管理ツールを統合した装置「Cisco UCS」と、ハイパーコンバージドインフラストラクチャーと統合管理ツールを搭載した装置「Cisco HyperFlex」をクラウド側から管理できる。

メルカリでアクセス障害発生、「短時間だからユーザーに案内しない」(ニュース)

 フリーマーケットサービスの「メルカリ」は2017年9月26日21時半頃、サービスのWebページにアクセスできない障害が発生した。22時前に障害は解消。20分ほどの間、商品の閲覧や購入、取引の確認などができなかった。

ハードウエア事業で失敗続きのグーグル、HTC買収は吉と出るか?(北川 賢一のIT業界乱反射)

 2012年に125億ドル(当時の為替レートで1兆円)で買収した会社をわずか2年後に4分の1の29億1000万ドルで売却するという、経営史に残る失策をしでかした米アルファベット傘下のグーグルは2017年9月21日、こともあろうに同種の事業を11億ドル(約1230億円)で買収した。

本気のiPhone Xは2年後に登場、Touch IDの復活もあるか(「iPhone X」は買いか?)

 筆者のiPhone Xに対する評価は割と辛辣だ。筆者が購入を見送るというだけでなく、「とにかく新しもの好きで最先端の製品を持っていないと気が済まないユーザー」「iOSアプリ開発者」という2つの層に該当しないのなら購入をお勧めしない。

ドコモがLoRaWANの商用サービスを10月開始、IoT向けLTEも月400円からに実質値下げ(ニュース)

 NTTドコモは2017年9月26日、IoT(インターネット・オブ・シングズ)に向け通信サービスの「LoRaWAN」を2017年10月20日から提供すると発表した。併せて、LTE回線で提供しているIoT向け通信サービスに新プランを追加し、既存プランを実質値下げとなるよう改定した。

PFU、4大ブランドが使える電子マネーチャージ機(ニュース)

 PFUは2017年9月26日、電子マネーチャージ機の新機種「MEDIASTAFF MCモデル マルチ電子マネーチャージ機」の販売を開始した。複数の電子マネーに対応する。同社は「1台で4大ブランド(交通系、Edy、nanaco、WAON)のチャージに対応する装置は国内で初めてだろう」とする。

携帯3社の契約数が大失速、新型iPhoneで盛り返せるか(ニュース解説)

 総務省が2017年9月22日に公表した2017年4~6月期の電気通信サービスの契約数によると、携帯電話大手3社の契約純増数が合計で5万件の純減となった。3社全体の契約純増数が公表された2013年10~12月期からでは2度目の純減で、落ち込み幅は過去最大だった。

AIでスマートフォンは進化するか? iPhone Xが示す可能性(佐野正弘が斬る!ニュースなアプリの裏側)

 米アップルは米国時間の2017年9月12日に、3機種の新iPhoneを発表した。なかでも大きな注目を集めているのは、AIの処理をサポートする「ニューラルエンジン」を搭載したプロセッサ「A11 Bionic」と、それを活用して顔による生体認証を実現する「Face ID」だ。クラウドではなく端末側のAI機能を強化する理由と、AIがスマートフォンにもたらす可能性について考えてみる。

UQ mobileもiPhone 6sの取り扱いを表明、Y!mobileに即対抗(ニュース)

 UQコミュニケーションズは2017年9月25日、MVNO(仮想移動体通信事業者)として展開する「UQ mobile」において、米アップルの「iPhone 6s」の取り扱いを始めると発表した。32Gバイトモデルと128Gバイトモデルの2種類を用意し、10月中に発売する。

Suica利用履歴データで交通費を自動精算、コンカーやJR東日本など(ニュース)

 経費精算ソフトのコンカーは2017年9月25日、東日本旅客鉄道(JR東日本)や、東京を営業エリアとするタクシー大手の日本交通、国際自動車、大和自動車交通と共同で、Suicaを使って近隣交通費の経費精算を自動化するための実証実験を始めると発表した。

無線イヤホンで仮想的に音源を固定する「音響AR」、NECが開発(ニュース)

 NECは2017年9月25日、世界初となる無線イヤホンを用いた「音響AR(拡張現実)技術」を開発したと発表した。現実世界の音に、イヤホンを通じた付加情報となる音を重ね合わせる。場所、首の傾き、姿勢を識別して、位置や顔の向きに関わらず固定された場所に音源があるかのように流れる音を制御する。

ママ向けQ&Aアプリ「ママリ」が有償サービス、「au契約者以外でも収益拡大」(ニュース)

 KDDI(au)とKDDIグループのコネヒトは2017年9月25日、妊娠や育児中の母親向けQ&Aアプリ「ママリ」の会員向け有料サービス「ママリプレミアム」を発表した。検索した質問をアクセス数やお気に入り登録数などを基に表示する「人気順検索」やコンビニや通販サービスなどの割り引きクーポンが使える。

北朝鮮のミサイルを警告できず、Jアラート障害の原因は設定ミス(ニュース解説)

 2017年8月から9月にかけて「全国瞬時警報システム(Jアラート)」で、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したと警告する情報が一部地域の住民に伝わらない障害が続いた。原因は多岐に渡るが、集計済みの8月29日の障害で最も目立ったのは7団体で起こった情報伝達用メールの設定ミスだ。なかでも多くの障害に関係したのがマイナンバー導入で強化したセキュリティ対策だった。

底知れぬ魅力をたたえるiPhone XのTrueDepthカメラ、開発者のアイデアに期待(「iPhone X」は買いか?)

 個人的にはiPhone Xを購入しようと思う。なぜなら、iPhoneにとって初めてとなるハードウエア要素が多数含まれているからだ。iPhone 8 Plusに比べて高いことを勘案しても、新しいユーザーインタフェースを試したい気持ちが勝る。

SIMフリーのLTE対応で注目の新VAIO「S13」「S11」、法人向け仕様も充実(ITpro Report)

 VAIOが2017年9月21日に発表した「VAIO S13」と「VAIO S11」は出先でノートPCを使うビジネスパーソン向けにSIMロックフリーのLTE通信機能を搭載した、注目のモバイルノートPCだ。完成度を高めたモデルに仕上がっている。発表会で展示されたモデルの詳細をレポートしよう。

東急が渋谷にIoTスマートホームの体験スペース、帰宅すると自動的にエアコン作動(ニュース)

 東急グループは2017年9月22日、東京・渋谷駅に隣接する東急百貨店東横店の一画に、スマートホームでの生活を体験できる「IoT(インターネット・オブ・シングズ) スマートライフステージ」を開設した。同日から2018年3月29日まで利用できる。

Google Playで国内7銀行の偽アプリ配布、トレンドマイクロが注意喚起(ニュース)

 トレンドマイクロは2017年9月22日、Android端末向けのオンライン銀行アプリを偽装する不正アプリ「BankBot」を「Google Play」上で確認したとして、注意を呼びかける文書を発表した。日本国内銀行7行も含まれるという。7行の具体名は明らかにしていない。

50GBプランへの追随は「まあいいかな」、KDDI田中社長がiPhone8料金でソフトバンクをチクリ(ニュース)

 KDDI(au)は2017年9月22日、米アップルのスマートフォン(スマホ)新機種「iPhone 8」「同 Plus」の発売セレモニーを実施した。田中孝司社長はiPhone 8向け料金について、「『auの料金は安いよね』と言える」と自信を示した。

狙われやすいセキュリティの弱点、攻撃者の手法で見つける(セキュリティ診断のイロハ)

 攻撃者に狙われやすいCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の脆弱性を、専用の脆弱性ツールで診断してみよう。狙われやすいWebコンテンツは、Googleの検索演算子を駆使して見つけることができる。