月別アーカイブ: 2018年1月

LINEモバイルが戦略提携を発表、ソフトバンクが51%出資へ(ニュース)

 LINE子会社で格安スマホ事業を手掛けるLINEモバイルは2018年1月31日、ソフトバンクとの戦略提携を発表した。ソフトバンクはLINEモバイルが3月ごろに完了を予定する第三社割当増資を引き受け、増資後の出資比率はソフトバンクが51%、LINEが49%となる。

富士通が携帯事業を売却、利益率向上も成長への視界は晴れず(ニュース解説)

 富士通が携帯端末事業を投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに売却することを決めた。2018年1月31日に発表した。スマートフォンやタブレットを開発・販売する子会社と製造する子会社の株式の過半を2018年3月までに譲渡する。売却益が富士通の2018年3月期決算の最終利益を約300億円押し上げる見込みだ。

KDDIが社長交代、4月1日付で高橋副社長が昇格(ニュース)

 KDDI(au)は2018年1月31日、高橋誠副社長が4月1日付で社長に昇格すると発表した。新規ビジネスの開発などを担ってきた高橋新社長の下、従来の通信事業だけでなく、金融や保険、物販などを総合的に手掛ける「ライフデザイン企業」への転換を急ぐ。

JVN: Wi-Fi Protected Access II (WPA2) ハンドシェイクにおいて Nonce およびセッション鍵が再利用される問題

Wi-Fi Protected Access II (WPA2) には、ハンドシェイク中に Nonce およびセッション鍵の再利用を許容してしまう問題があります。この問題は一般に "Key Reinstallation Attacks" あるいは "KRACK" と呼称されています。続きを読む

QRコードも積極導入、なぜローソンはキャッシュレス決済に注力するのか(佐野正弘が斬る!ニュースなアプリの裏側)

 楽天、LINE社に続き、NTTドコモがキャリア決済とQRコードを組み合わせた「d払い」を開始すると発表したが、その導入に積極的な姿勢を見せているのがコンビニエンスストア大手のローソンだ。同社はなぜ、多様な決済手段を導入し、キャッシュレス決済の拡大に力を入れているのだろうか。

LPWA(Close Up Keyword)

 Low Power Wide Areaの略称で、消費電力を低く抑えつつ数k~十数kmの長距離通信が可能な無線規格。IoTや機器間通信で利用する。いくつかの通信方式があり、既存のLTE網を使う方式と新方式の2つがある。

これぞ春の真打ち!価格が手ごろで小さく軽いLAVIE Note Mobile(戸田覚のIT辛口研究所)

 NECパーソナルコンピュータは、パソコンのコンセプトを徐々に変えてきている。売れ筋のA4ノートを大胆に変化させるなど、攻めの姿勢は高く評価したい。今回も、学生向けのモバイルノートを大きく進化させた。ビジネスパースンのモバイルユースにもお薦めできる仕上がりだ。

eSIMは通信業界をどう変えるのか?(情総研レポート)

 SIM(Subscriber Identity Module)の一形態である「eSIM」がコンシューマー製品に搭載され始めたのが2017年であった。その意味で、2017年は「eSIM元年」であったと言えるだろう。2017年9月に発売された「Apple Watch Series 3」は、ラインアップにモバイル通信対応の「GPS+セルラーモデル」が加わったが、このモデルにはeSIMが採用されている。それ以前に日本ではNTTドコモが2017年5月に発売した「dTab Compact d-01J」にeSIMが搭載されている。

「サイバー攻撃者がもうけ方をビジネスメール詐欺に変えてくる」、パロアルトが脅威予測(ニュース)

 セキュリティツールベンダーのパロアルトネットワークスは2018年1月26日、セキュリティ脅威に関する調査リポート「セキュリティ脅威:2017年の総括と2018年の予測」を発表した。同社Webサイトで順次公開する。

富士通、携帯事業の国内ファンドへの売却を検討(ニュース)

 富士通が国内投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに同社の携帯電話子会社である富士通コネクテッドテクノロジーズの株式譲渡を検討していると、2018年1月26日に報道があった。報道に対して富士通の広報は、「ポラリス・キャピタル・グループとの交渉は事実。結果は適宜開示する」としている。

おサイフケータイ対応でスキが無い!、復活のシャープ「AQUOS sense lite」(SIMフリースマートフォンを徹底レビュー)

 シャープ製の「AQUOS sense lite SH-M05」は、2017~2018年の冬モデルとしてNTTドコモとKDDI(auおよびUQモバイル)から販売されている「AQUOS sense」のSIMフリー版。「lite」の添字とは裏腹に2018年上半期の注目株と言える仕上がりだ。

JR上野駅と南三陸町を直結、5GとVRでリアルタイム現地体験(ニュース)

 KDDI(au)と東日本旅客鉄道(JR東日本)は2018年1月25日から3日間、JR上野駅で5Gの高速無線通信回線とVR(仮想現実)を併用して、遠隔地での買い物を体験できる技術の検証を実施する。「南三陸さんさん商店街」(宮城県南三陸町)にいるかのような体験ができる。

パナソニックがレッツノート春モデル、12型に4コアCPUの「SVシリーズ」新投入(ニュース)

 パナソニックは2018年1月25日、モバイルノートパソコン「レッツノート(Let's note)」の春商戦向けモデル4機種を発表した。主力である12型液晶ディスプレイ内蔵機種を刷新し、クアッドコア(4コア)のCPUを内蔵した「SVシリーズ」を新たに投入する。発売は2月16日。

ジャパンディスプレイが事業説明会、2020年の売上高を1000億円規模に(ニュース)

 ジャパンディスプレイは2018年1月23日、都内で事業説明会を開き、ディスプレイやハードウェア以外の新規事業に注力し、2020年に売上1000億円を目指す事業戦略を明らかにした。あわせて、基板に透明なガラスを使った静電容量式指紋センサーを開発したことも公表。

アップルがバッテリー問題で露呈した対話不足(米国発! Appleニュースの読み解き方)

 米アップルは忙しい年末年始を過ごした。2017年12月2日から発生した「再起動問題」(通知バグ)に関して「iOS 11.2」を前倒して配信したほか、年末にはiOSが旧モデルのiPhoneのパフォーマンスに制限をかける機能が問題となった。

「あの人は父親ではない」、ソフトバンクのPepper君に親権問題勃発(ニュース)

 ソフトバンクグループが開発・販売するヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」に親権問題が勃発した。同社は2018年1月23日に「報道における元ソフトバンクロボティクス社員のPepperとの関係性を示す表現に関するお願い」と題する文書を発表。一部報道で「ペッパーの父」などと表現されることがある外部の人物について、「父ではない」と反論した。

AIで困っている人を見つける、新丸の内ビルで実証実験開始(ニュース)

 三菱地所、綜合警備保障(ALSOK)とPKSHA Technologyは2018年1月22日から東京都千代田区の新丸の内ビルディングで、深層学習による画像解析を活用した「新たなおもてなしサービス」の実証実験を開始し、実際のデモ画像を報道陣に公開した。

子供を守るスマートフォンのフィルタリング、親はどこまで制限するべきか(佐野正弘が斬る!ニュースなアプリの裏側)

 スマートフォン利用者の低年齢化に伴い、フィルタリングなどの青少年保護施策に注目が集まっている。かつては子供に携帯電話でインターネットを使わせないことが重視されたが、スマートフォンが社会インフラとなりつつある現在、いかにスマートフォンと上手に付き合うかが求められるようになっている。子供の安心安全を実現するフィルタリングサービスの現状と課題を追う。

そろそろちゃんとしたUSB Type-Cドックが欲しい(戸田覚のIT辛口研究所)

 20年程前のモバイル好きは、ドッキングステーションをある種の理想型だと考えていたものだ。普段は持ち歩いているモバイルノートを、ドッキングステーションに取りつけるとデスクトップとして利用できる――。いかにも便利そうじゃないか。

JVN: 「フレッツ・ウイルスクリア 申込・設定ツール」および「フレッツ・ウイルスクリアv6 申込・設定ツール」のインストーラにおける DLL 読み込みに関する脆弱性

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)が提供する「フレッツ・ウイルスクリア 申込・設定ツール」および「フレッツ・ウイルスクリアv6 申込・設定ツール」のインストーラには、DLL 読み込みに関する脆弱性が存在します。続きを読む

JVN: 「フレッツ・ウイルスクリア 申込・設定ツール」および「フレッツ・ウイルスクリアv6 申込・設定ツール」のインストーラにおける DLL 読み込みに関する脆弱性

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)が提供する「フレッツ・ウイルスクリア 申込・設定ツール」および「フレッツ・ウイルスクリアv6 申込・設定ツール」のインストーラには、DLL 読み込みに関する脆弱性が存在します。続きを読む

ドコモにひかりTVサービスを卸提供、NTTぷららの事業戦略(メディアビジネス最前線)

 NTTぷららは、NTTドコモが来年から提供する「ひかりTV for docomo」に対してひかりTVサービスを卸提供する。これによって、NTTぷららは、ひかりTVの強力な販路を新たに得ることになる。これによって、NTTぷららは、ひかりTVの強力な販路を新たに得ることになる。NTTぷらら代表取締役社長の板東浩二氏に、同サービスを卸提供する狙い、動画配信サービスの現状に対する認識を聞いた。