外国人が震える旅館の実は怖い「おもてなし」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本人にとっての「おもてなし」が、実は外国人にとってはNGでしかない場合があることをご存じだろうか(写真:bennymarty/iStock) 日本では来年、東京オリンピックとパラリンピックが開催され、2025年には、大阪万博の開催が決定している。訪日観光客の数は年々増えており、この傾向はこの先もしばらくは続く見込みだ…

「貼るSIM」は日本のFinTech普及を加速できるのか:「全てのスマートフォンはICカードリーダー」 – @IT

既存のモバイルSIMの上に貼る、シール型のSIMが、一部で見られるようになってきたが、これを活用して認証インフラを構築しようという動きがある。これを取材した。 インターネットを通じた所得税の確定申告では、2019年1月から、マイナンバーカード(電子証明書)を使わずに、ID/パスワードで申告を送信することもでき…

Google rolls out Password Checkup and Cross Account Protection

Editor’s note: Today is Safer Internet Day, but we’ll be talking about it all week with a collection of posts from teams from across Google. We’re always working to make sure your data is protected, whether you’re using Google products or checking out your favorite websites and apps. Today, we’re…

暗号知る創業者が死亡 仮想通貨200億円引き出せず | NHKニュース

カナダ最大の仮想通貨の交換会社の創業者が急死し、仮想通貨を管理するための根幹となる暗号を知っていたのがこの男性1人だったことから、11万人以上の顧客が日本円でおよそ200億円相当の資産を引き出せない状況となっています。 カナダやアメリカのメディアによりますと、外部と遮断されている状態からネットワークに…

Linuxサーバ狙うトロイの木馬「SpeakUp」見つかる、中国などで被害–研究者報告 – ZDNet Japan

Linuxシステムで実行可能な新しいバックドア型トロイの木馬が、ハッカーによって開発されている。「SpeakUp」という名前のこのマルウェアは現在、主に中国にあるLinuxサーバに配布されているという。 最近の相次ぐ攻撃の背後にいるハッカーは、「ThinkPHP」フレームワークの脆弱性を利用して、サーバをこの新しいマルウ…

macOS対象で仮想通貨を盗み出すことが目的のマルウェアが登場 – iPhone Mania

マルウェアの多くはWindowsやAndroidを対象としたものですが、最近はiOSやmacOSも標的となりつつあります。今回新たに発見されたmacOSを対象としたマルウェアは、仮想通貨を盗み出すことを目的としているようです。 交換所やウォレットに侵入 発見したPalo Alto Networks(Unite42)によって「CookieMiner」と名付けられ…

パスワード使いまわしていませんか? 漏洩事故に怯えず安全に Web サービスを使う方法を解説 – SmartHR ガイド

はじめまして、SmartHR 取締役 副社長 CIO(最高情報責任者)の内藤研介です。 最近、国内大手のファイル共有サービスが不正アクセスを受け、利用者の「平文パスワード」が流出する事件がありました。 万が一このようなサービスを利用されており、かつ、パスワードを使いまわしている場合は、大変危険な状態です。ただち…

チケット申し込み時に申し込み数を減らす為こんな酷いイタズラをしている輩がいるらしい「怖い、酷い、最低」 – Togetter

そー言えばファミクラ横のセブンで中学生ぐらいの2人が満タン笑顔で 『チケ申し込みの時に申し込み減らすためにFCのログインページに適当な番号をいれてわざと3回パスワードを間違えてロックかけるんだ(笑)』 「わかるー!!うちもよくやる(爆笑)」 と言ってて恐ろしくなったわ? 皆気をつけて…

嵐のファンクラブへ不正ログイン攻撃?: 独房の中

私今日1回も嵐のFC開けてないのに なにこれ 適当に会員番号打ってパスワードいれて 持ち主がログイン出来ないようにしてるんだ 嵐の倍率下げるため? みんな気をつけた方がいいよ 1日1回はログインしとかないとこーなっちゃう 特にコンサート当日! QRコード出せなくなるからね pic.twitter.com/tB5LZIxQtY — まあと (@m…

欧米企業の現役CIO/CISOが集う、名門サイバーセキュリティ教育コースの中身 | IT Leaders

IT Leaders トップ > テクノロジー一覧 > セキュリティ > 海外動向 > 欧米企業の現役CIO/CISOが集う、名門サイバーセキュリティ教育コースの中身 セキュリティ セキュリティ記事一覧へ [海外動向] 欧米企業の現役CIO/CISOが集う、名門サイバーセキュリティ教育コースの中身 米ハーバード大学ケネディスクールでの「…

詐欺に引っ掛かる老人を笑う人に伝えたい 「そんなあなたがだまされる」日のこと (1/3) – ITmedia エンタープライズ

モバイル機能や決済が発達し、旅行先でもスマホ一台で何でも買えて、必要な情報は全部受け取れる――。そうした便利さに慣れ切った私たちに付け込むような詐欺が発達しつつあることに、皆さんは気付いていますか? ITを使ったモバイル機能や決済が発達し、旅行先で現金を調達しなくても、カード一枚、スマホ一台で何でも買…

認知症、一律車免許取り上げに不満 「個人の能力で評価を」の声 : 京都新聞

認知症の人の自動車運転に関する調査 認知症の恐れがある75歳以上の自動車運転免許保有を規制する改正道交法が2017年に施行されたことを受け、認知症の人と家族の会(京都市上京区)は、社会的支援の充実を国に求める声明を発表した。高齢者による車の事故が社会問題化し、認知症への風当たりが強まる半面、認知症…

Googleが行うユーザーの位置情報収集を不正だとしてノルウェーの消費者団体が批判 – GIGAZINE

by FOX Googleはアプリやウェブサービスを通じてユーザーの位置情報を収集し続けているとされており、プライバシーに関する懸念の声が挙がっています。そんな中、ノルウェーの消費者団体であるForbrukerrådet Norgeは、Googleが不正なデザインを使用してユーザーの位置情報を収集していると批判しました。 Every Step Yo…

文字の読解や画像クイズをやらされる「CAPTCHA」はボットの進化と共に難度が上がっていく運命 – GIGAZINE

by Duncan Rawlinson – Duncan.co – @thelastminute ゲストユーザーがログインをする際に自らがボットではなく人間であることを証明するために、CAPTCHA(Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart)というテストのクリアを求められることがあります。間違えると何度もやり直す羽目に…

ヤクザから教わったお酒の席で身を守る簡単な方法「覚えておいて損はない」「こういうところから対策できるのか」 – Togetter

セックスしても良いと思えるくらい仲の良い相手の飲むとき以外は、トイレ行く前に飲み物を全部飲みきることと、「次何飲もう…迷うからトイレ行ってる間に決めるね!」と宣言して席を立つことが大事。これはヤクザに教わったから間違いない。

およそ160億円分の仮想通貨が全喪失の可能性、取引所CEOの死去によってウォレットへアクセスできなくなったため – GIGAZINE

メンテナンスを理由に機能を停止していたカナダ最大のビットコイン取引所「QuadrigaCX」が2019年1月31日、顧客から預かっていた仮想通貨のほぼ全てを喪失し、破産による債権者保護を裁判所に申請したことが明らかになりました。報道によると、仮想通貨を失った理由は「取引を一人で管理していたCEOが亡くなってしまった…