adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Google、対話AI「Bard」の基盤となる「LaMDA」のAPIを来月、開発者向けに試用開始すると明らかに

Googleは日本時間の2月7日、急激に人気が高まっているAIチャットサービス「ChatGPT」とその開発元であるOpenAIに対抗すべく、同社が開発してきた「LaMDA」(Language Model for Dialogue Applications:対話アプリケーション用言語モデル) を基盤とした会話型AIサービス「Bard」を発表しました(Google Japanのブログ)。 下記はGoogle CEOであるスンダー・ピチャイ氏のツイートです。 1/ In 2021,……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

次期「Dart 3」はNullセーフ、WebAssemblyとRISC-Vサポートなど、Googleが発表。Flutter Forward 2023

Googleは、ケニア共和国の首都ナイロビで開催したイベント「Flutter Forward 2023」で、Dart言語の次期メジャーバージョンアップとなる「Dart 3」のアルファ版公開を発表しました。 Dart 3の登場は昨年末に予告されていました。 参考:「Dart 3」が来年登場。完全Nullセーフな言語となり、Nullセーフティなしの実行はサポート外に Dart 3の1つ目の新機能として紹介されたのが、開発生産性向上のためのRecords and patternsの……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Flutterが進化する方向とは? WebAssemblyサポート、コンポーネントとしてWebアプリに組み込み可能に。Flutter Forward 2023

GoogleでFlutter & DartのプロダクトとUX担当ディレクターTim Sneath氏は、アフリカのケニア共和国ナイロビで開催された「Flutter Forward 2023」の基調講演で次のように話し、Flutterの進化の方向性を示しました。 「Flutter for Webは汎用目的でデザインされてはいないことを明確にしておきたい。すでにDOMの分野で上手く行っているAngularやVue、Reactのような、DOMベースの新たなフレームワークを作ろ……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Flutter 3.7正式リリース。スクリーンサイズにUIレイアウトが自動対応、GPU活用による高速描画エンジン「Impeller」がプレビューに

Googleはクロスプラットフォーム対応のUIフレームワーク「Flutter」にフォーカスしたイベント「Flutter Forward 2023」を、アフリカにあるケニア共和国の首都ナイロビで開催しました。 Flutterは美しく高速なユーザーインターフェイスを、高い生産性かつクロスプラットフォーム対応として開発可能なオープンソースのフレームワークです。 当初はAndroidとiOSをターゲットにしたモバイルアプリケーション向けフレームワークでしたが、その後Webアプリケーシ……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

「Dart 3」が来年登場。完全Nullセーフな言語となり、Nullセーフティなしの実行はサポート外に

アプリケーションフレームワーク「Flutter」で使われているプログラミング言語「Dart」の開発チームは、来年(2023年)半ばにメジャーバージョンアップとなる「Dart 3」のリリースを予定していると発表しました。 The road to Dart 3Dart 3, expected by mid 2023, will only support sound null safety.Learn more about how Dart's sound safety ……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

最新のGoogle Chrome 108で「Passkey」が利用可能に。Googleアカウントでクレデンシャル同期など

12月2日から配布が開始されている最新のGoogle Chrome 108では、パスワードレスを実現する機能の「Passkey」がWindows 11、macOS、Android版で利用可能になっていることをGoogleが明らかにしました。 下記はブログ「Introducing passkeys in Chrome」で紹介されているAndroid版ChromeでのPasskey利用時の画像のキャプチャです。 Chromeは以前から業界標準のパスワードレス技術であるWebAut……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Google、揺れやミスのある住所表記を検証、正確な住所の推定、標準的な住所表記などを出力する「Address Validation API」正式リリース。米国や欧州などから順次展開

Googleは、入力された揺れのある住所の文字列を検証し、正確な住所表記を出力する「Address Validation API」の正式リリースを発表しました。 Have you ever entered the wrong address by mistake? OopsThat's why we're happy to announce the general availability release of Address Validation, a ne……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

ノーコード開発ツールのGoogle AppSheetがリレーショナルDBを搭載、「AppSheet databases」パブリックプレビュー公開

Googleのノーコード開発ツール「AppSheet」が新たにビルトインデータベース「AppSheet database」を搭載すると発表されました。パブリックプレビューとして公開されています。 Harness a broad range of data sources and functions with AppSheet applications!AppSheet database offers endless possibilities for creating bu……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Google、パスワードレスを実現する「Passkey」の開発者向けサポート開始。Androidデバイス間の同期、Androidを使ってWin/MacでのWebサイトへのログインなど実現

Googleは、パスワードレスを実現する「Passkey」のAndroidとChromeでの開発者向けのサポートを開始したと発表しました。 Google is bringing passkey support to Android and Chrome! Users can now create and use passkeys on Android devices.Passkeys are a significantly safer replacement for pass……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

[速報]BigQueryが非構造化データのサポートを発表。これで構造化データ(RDB)、半構造化データ(JSON)、非構造化データをサポート。Google Cloud Next ’22

Google Cloudは、開催中のイベント「Google Cloud Next '22」において、大規模データ分析サービスのBigQueryで非構造化データのサポートを発表しました。 BigQueryの非構造化データサポートを発表するGoogle Cloud CEO トーマス・クリアン氏 BigQueryは今年1月にJSON型データへのネイティブ対応をパブリックプレビューとして公開しています。 参考:BigQueryがJSONにネイティブ対応。SQLでJSONに対するクエリ……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

[速報]Google、リモートの相手が目の前に実在するような「Project Starline」アーリーアクセスを開始、パートナー企業のオフィスに設置。Google Cloud Next ’22

Googleは、昨年(2021年)5月に発表した先進的なオンラインコミュニケーションシステム「Project Starline」のアーリーアクセスプログラムを年内にもパートナー企業とともに開始すると発表しました。 We’re transforming how we work, connect and interact with technology like Project Starline — a "magic window" that lets you……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Google Cloud、動的にブロックストレージのIOPSとスループット性能をそれぞれ設定できる「Hyperdisk」など発表

Google Cloudは9月9日に開催したオンラインイベント「A Spotlight on Storage」で、エンタープライズ向けに4種類のストレージサービスを発表しました。 Google Cloud Hyperdisk Google Cloud Hyperdiskは、動的に性能を変更可能なブロックストレージです。IOPSとスループットをそれぞれ独立して動的に設定変更できるため、アプリケーションを運用していくなかでストレージ性能への要求が変化した場合でも、変化に合わせたI……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Blogger、19年前の記事のリンク先がマルウェアサイトになったとして非公開化措置

Googleのレンタルブログサービス「Blogger」で、19年前のブログ記事のリンク先がマルウェアサイトになっているとして記事が非公開化されてしまうという事例があったそうだ。報告をおこなっているのはdiamond geezer氏で、2003年5月に投稿した記事が非公開にされたとのメールが運営から送られてきたという。非公開になった理由として、該当記事がマルウェアやウイルスに関するポリシーに違反したためだとしている(diamond geezer)。

削除された記事は人気テレビ番組に関する話題を集めたいわゆるリンク集だったようだ。同氏はマルウェアやウイルスにリンクした覚えはなく、同氏はかつてリンクしたサイトが消滅し、ドメインの所有者が悪意のあるユーザーに変わってしまったのではないかと推測したようだ。

そこで問題の記事中のリンクをチェックしたところ、31あったリンクのうち12が完全に消失、9サイトは存在しているものの記事自体はなくなっていた。The Guardianからリンクした4サイトは無事だった。しかし6つのサイトがまったく別のWebページに置き換えられていたという。問題が指摘されたのはこのうちの一つだったとしている。同様の問題はほかのBloggerの投稿者も抱えていると思われる。

あるAnonymous Coward 曰く、

「Bloggerが危険コンテンツへの問題を処理しているのは素晴らしいが、多数の記事が将来公開されなくなるリスクがある」

すべて読む | セキュリティセクション | Google | セキュリティ | インターネット | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
東京都が配布したリーフレット等に掲載のサイトが失効。別サイトに誘導する結果に 2021年09月03日
2020年東京都知事選挙で使用されたドメインが22日に失効。悪用リスクが指摘される 2021年05月21日
偽の裁判所令状を使用したドメイン乗っ取りが発生 2021年05月06日
ロンドン市警察、差し押さえたドメインが失効してもそのまま放置 2015年07月11日

adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Google Play、強い反発を受けてアプリの権限表示を復活へ

Google Playではアプリの権限セクションの廃止が強い反発を受けていたが、結局復活することになったそうだ (Android Developers のツイートAndroid Police の記事The Verge の記事Ars Technica の記事)。

Google Play ではアプリ開発者の自己申告による「データセーフティ」が導入されているが、7 月 20 日の新規・更新アプリに対する申告義務付け開始を前にアプリの権限セクションが削除された。しかし、データセーフティセクションではアプリが収集するユーザーデータなどを確認できるものの、具体的な権限を確認することはできないため、ユーザーによる安全確認が難しくなるなどと批判されていた。これに対し、 Google の Android Developers 公式 Twitter アカウントはアプリの権限セクションがユーザーにとって有用なことを確認したなどとして、近いうちに復活させる計画を示した。

すべて読む | YROセクション | YRO | Google | セキュリティ | スラッシュバック | IT | Android | プライバシ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google Play、データセーフティ表示義務付けを前にアプリの権限表示を削除 2022年07月20日
Google Playもアプリのプライバシーに関する情報を明示へ 2021年05月11日
開発者の正直さに依存するApp Storeのプライバシー情報表示、どれぐらい意味がある? 2021年02月01日
Apple、App Storeで表示するアプリのプライバシー方針情報の受付を開始 2020年11月08日

adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Google Play、データセーフティ表示義務付けを前にアプリの権限表示を削除

headless 曰く、

Google Play でアプリのデータセーフティ表示が義務付けられるのを前に、アプリの権限セクションが削除された (9to5Google の記事Ars Technica の記事Blue Space のブログ記事)。

データセーフティ表示は Apple が 2020 年末に導入した App Store のプライバシー方針情報表示と同様のもので、開発者の自己申告によりアプリが収集または共有するユーザーデータやプライバシー・セキュリティの方針を表示するものだ。Google Play では 4 月から表示が始まっており、7 月 20 日以降は新規アプリと更新アプリで申告が義務付けられる。

アプリの権限セクションは Android の「Play ストア」 アプリおよびウェブ版の Google Play (play.google.com) の両方で削除されている。データセーフティセクションで置き換えるつもりかもしれないが、具体的な権限を確認することはできず、その正確さは App Store と同様に開発者次第となる。

すべて読む | セキュリティセクション | Google | セキュリティ | ソフトウェア | デベロッパー | IT | Android | プライバシ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Google Playもアプリのプライバシーに関する情報を明示へ 2021年05月11日
開発者の正直さに依存するApp Storeのプライバシー情報表示、どれぐらい意味がある? 2021年02月01日
Apple、App Storeで表示するアプリのプライバシー方針情報の受付を開始 2020年11月08日

adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

個人情報を考える週間: パスワードとオンライン アカウントを安全に保つためのヒント

個人情報を考える週間: パスワードとオンライン アカウントを安全に保つためのヒント

個人情報を考える週間: パスワードとオンライン アカウントを安全に保つためのヒント

メディア関係者向けお問い合わせ先 メールでのお問い合わせ: [email protected] メディア関係者以外からのお問い合わせにはお答えいたしかねます。 その他すべてのお問い合わせにつきましては、ヘルプセンターをご覧ください。

はてなブックマーク - 個人情報を考える週間: パスワードとオンライン アカウントを安全に保つためのヒント はてなブックマークに追加

adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Googleアカウントが5月30日にセキュリティ強化~外部アプリでの利用に影響?

Googleアカウントが5月30日にセキュリティ強化~外部アプリでの利用に影響?

Googleアカウントが5月30日にセキュリティ強化~外部アプリでの利用に影響?

Googleは、Googleアカウントのセキュリティ向上のため、2022年5月30日より、ユーザー名とパスワードのみでログインするサードパーティー製アプリ・デバイスについてサポートを終了すると発表しました。 5月30日に適用されるのは個人アカウントで、Google Workspace、Google Cloud Identityユーザーへの適用は後日案内さ...

はてなブックマーク - Googleアカウントが5月30日にセキュリティ強化~外部アプリでの利用に影響? はてなブックマークに追加

adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

5月30日以降はあなたのメールソフトでGmailの送受信ができなくなるかも!/ユーザー名とパスワードのみでログインするアプリがブロックされるように【やじうまの杜】

5月30日以降はあなたのメールソフトでGmailの送受信ができなくなるかも!/ユーザー名とパスワードのみでログインするアプリがブロックされるように【やじうまの杜】

5月30日以降はあなたのメールソフトでGmailの送受信ができなくなるかも!/ユーザー名とパスワードのみでログインするアプリがブロックされるように【やじうまの杜】

はてなブックマーク - 5月30日以降はあなたのメールソフトでGmailの送受信ができなくなるかも!/ユーザー名とパスワードのみでログインするアプリがブロックされるように【やじうまの杜】 はてなブックマークに追加

adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

グーグル、ソフトウェアサプライチェーンのセキュリティ向上へ–「Assured OSS」発表

グーグル、ソフトウェアサプライチェーンのセキュリティ向上へ--「Assured OSS」発表

グーグル、ソフトウェアサプライチェーンのセキュリティ向上へ--「Assured OSS」発表

印刷する メールで送る テキスト HTML 電子書籍 PDF ダウンロード テキスト 電子書籍 PDF クリップした記事をMyページから読むことができます Googleは、新たなイニシアティブでソフトウェアサプライチェーンのセキュリティ向上を目指す。同社の開発者がコードの構築と保守に使用しているものと同じセキュアパッケージを...

はてなブックマーク - グーグル、ソフトウェアサプライチェーンのセキュリティ向上へ--「Assured OSS」発表 はてなブックマークに追加

adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Google、次期OS「Android 13」で導入されるプライバシー保護強化策を解説/新たに安全なフォトピッカーを導入。リスクを可視化するダッシュボードは今年後半に追加予定

Google、次期OS「Android 13」で導入されるプライバシー保護強化策を解説/新たに安全なフォトピッカーを導入。リスクを可視化するダッシュボードは今年後半に追加予定

Google、次期OS「Android 13」で導入されるプライバシー保護強化策を解説/新たに安全なフォトピッカーを導入。リスクを可視化するダッシュボードは今年後半に追加予定

はてなブックマーク - Google、次期OS「Android 13」で導入されるプライバシー保護強化策を解説/新たに安全なフォトピッカーを導入。リスクを可視化するダッシュボードは今年後半に追加予定 はてなブックマークに追加

adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

Googleが仮のクレジットカード番号を生成して安全に買い物できるサービス「Virtual Cards」を発表

Googleが仮のクレジットカード番号を生成して安全に買い物できるサービス「Virtual Cards」を発表

Googleが仮のクレジットカード番号を生成して安全に買い物できるサービス「Virtual Cards」を発表

Googleがネットショップなどの決済時に自分の所持するクレジットカード番号とは別の番号を生成するサービス「Virtual Cards」を発表しました。Virtual Cardsを用いることで、ユーザーはクレジットカード番号の流出を心配することなくネットショッピングを楽しめるようになります。 How we make every day safer with Goo...

はてなブックマーク - Googleが仮のクレジットカード番号を生成して安全に買い物できるサービス「Virtual Cards」を発表 はてなブックマークに追加

adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

「Google Wallet」がAndroidに登場、支払いのほかチケットや免許証などにも活用

「Google Wallet」がAndroidに登場、支払いのほかチケットや免許証などにも活用

「Google Wallet」がAndroidに登場、支払いのほかチケットや免許証などにも活用

Googleが提供するAndroidスマートフォンでは、FeliCaポートを用いたおサイフケータイや、Google Payなどの決済アプリを使用して、財布を持ち歩く代わりにスマホだけで買い物が可能です。そのようなクレッジとカードを登録することによる支払いやICカードの使用に加え、ワクチン接種証明書や運転免許証の役割まで果たすAn...

はてなブックマーク - 「Google Wallet」がAndroidに登場、支払いのほかチケットや免許証などにも活用 はてなブックマークに追加

museums-victoria-QSBm03YHtrI-unsplash

[速報]「Flutter 3」登場、FlutterによるmacOSとLinuxアプリ開発が正式版に。Macのユニバーサルバイナリにも対応

Googleは開催中のイベント「Google I/O 2022」の基調講演で、Dart言語のフレームワークであるFlutterの最新版「Flutter 3」を発表しました。 Introducing Flutter 3 at #GoogleIO! Now featuring: Stable support for macOS and Linux apps Improved @Firebase integration...and much more!Details here ……
museums-victoria-QSBm03YHtrI-unsplash

Apple、Google、マイクロソフトが対応表明した、パスワードレスがさらに便利になる2つの新機能とは。 PCがスマホとBluetooth通信でパスワード不要に、2台目のスマホにもクレデンシャルを簡単リストア

インターネットにおけるパスワードレスの実現を推進する「FIDO Alliance」は、 Apple、Google、マイクロソフトの3社が、同団体が推進するパスワードレス認証のサポートを拡大すると発表しました。 Today, we are excited to share that @Apple @Google @Microsoft are aligned with this vision and will be implementing multi-device FIDO c……
adi-goldstein-EUsVwEOsblE-unsplash

AppleとGoogle、Microsoft、パスワードレスサインイン標準のサポート拡大を共同発表

Apple と Google、Microsoft は 5 日、FIDO Alliance と W3C が策定したパスワードレスサインイン標準のサポート拡大を共同でアナウンスした (プレスリリースThe Verge の記事Ars Technica の記事VenturBeat の記事)。

パスワードのみを使用する認証はウェブのセキュリティで最大の問題の一つであり、多数のパスワードを管理するのは消費者の負担が大きく、しばしば異なるサービスでのパスワード再利用につながる。標準ベースのパスワードレス認証ではデバイスのアンロック操作と同様に指紋や顔、PIN による簡単な確認処理を用い、レガシーな多要素認証よりも大幅に高いセキュリティを実現するという。3 社のプラットフォームではすでにパスワードレス認証が実装されているが、従来の実装ではデバイスごとにウェブサイトやアプリにそれぞれサインインするまでパスワードレス認証が利用できなかった。

今回のアナウンスでは各プラットフォームの実装を拡張し、よりシームレスでセキュアなパスワードレスサインインを実現する 2 つの新たな機能追加を以下の通り発表している。
  1. 新しいデバイスを含むユーザーが所有する多数のデバイス上で、各アカウントへの再エンロールを必要とすることなく、自分の FIDO サインイン情報 (パスキーとも呼ばれる) への自動的なアクセスを可能にする
  2. ユーザーがモバイルデバイスで FIDO 認証を用い、近くにあるデバイスで OS プラットフォームやブラウザーの種類にかかわらずアプリやウェブサイトにサインインできるようにする

これらの機能は来年 1 年をかけて利用可能になっていくとのこと。

5 月の第 1 木曜日は World Password Day であり、今年は 5 日がそれにあたる。そのため、Google と Microsoft は共同アナウンスと別にパスワードレス化への取り組みを発表している (The Keyword の記事Microsoft Security Blog の記事Azure Active Directory Identity Blog の記事)。

すべて読む | ITセクション | Google | セキュリティ | マイクロソフト | アップル | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
本人よりも詐欺師の方が高い「秘密の質問」の正解率 2022年04月26日
Microsoft アカウント、パスワードレスアカウントとして設定可能に 2021年09月18日
宅配業者を装ったSMS詐欺が増加。Apple IDとパスワードを取られると対処が困難 2021年06月30日
Microsoft、SMSや音声通話による多要素認証をやめてアプリベースの多要素認証への移行を推奨 2020年11月13日
米国とカナダでの調査、最近90日以内にパスワードを忘れてパスワードリセットが必要になったとの回答が78% 2019年12月19日
Microsoft、過去に流出したパスワードを使用するMicrosoftアカウントを多数発見 2019年12月08日
Microsoft曰く、多要素認証を使用すれば自動攻撃の99.9%がブロックできる 2019年08月30日
Googleの一部サービスでAndroid端末の生体認証機能によるログインが可能に。現時点ではPixel端末のみサポート 2019年08月14日
普及が進むパスワードなし生体認証規格「FIDO」 2018年12月14日

museums-victoria-QSBm03YHtrI-unsplash

Apple・Google・Microsoftがパスワードなしの認証システム「パスキー」の利用拡大に合意

Apple・Google・Microsoftがパスワードなしの認証システム「パスキー」の利用拡大に合意

Apple・Google・Microsoftがパスワードなしの認証システム「パスキー」の利用拡大に合意

Apple・Google・Microsoftが「世界パスワードの日」にあたる2022年5月5日に、FIDO AllianceとWorld Wide Web Consortium(W3C)が手がけるパスワードレスのサインイン標準規格「パスキー」の利用拡大に合意しました。 Apple, Google and Microsoft Commit to Expanded Support for FIDO Standard to Accelerate Availabili...

はてなブックマーク - Apple・Google・Microsoftがパスワードなしの認証システム「パスキー」の利用拡大に合意 はてなブックマークに追加

museums-victoria-QSBm03YHtrI-unsplash

Apple・Google・Microsoft、新しいパスワードレス認証「FIDOクレデンシャル」を導入 – こぼねみ

Apple・Google・Microsoft、新しいパスワードレス認証「FIDOクレデンシャル」を導入 - こぼねみ

Apple・Google・Microsoft、新しいパスワードレス認証「FIDOクレデンシャル」を導入 - こぼねみ

Apple、Google、Microsoftの3社は現地時間5月5日、FIDO(ファイド)アライアンスとWorld Wide Web Consortium(W3C)が策定した共通パスワードレスサインインのサポートを拡大する計画を発表しました。 2023年中に各社のプラットフォームで、新たに「FIDOクレデンシャル(認証資格情報)」が利用できるようになります。 ...

はてなブックマーク - Apple・Google・Microsoft、新しいパスワードレス認証「FIDOクレデンシャル」を導入 - こぼねみ はてなブックマークに追加