モノのインターネット(IoT)は、ボットネット開発を試みるサイバー犯罪者の新たな攻撃領域となっています。サイバー犯罪者はボット型マルウェアによる永続的な感染活動にユーザが対処する間も、ボットネットの維持・拡大のためにデバ…

The post P2Pを利用するIoTボットネットの脅威動向を予測 first appeared on トレンドマイクロ セキュリティブログ.

もっと読む »

富士ソフトは、FFRIセキュリティとのサイバーセキュリティ分野における協業を強化した。第1弾として、IoT機器向けの国産ファジングテストツール「FFRI Raven」と同ツールのテスト実施サービスを提供する。 富士ソフトは2021年6月1日、FFRIセキュリティとのサイバーセキュリティ分野における協業を強化すると発表した。第…

もっと読む »

「Bytecode Alliance」は、WebAssemblyをWebブラウザだけでなく、デスクトップPCやサーバ、IoTデバイスなどあらゆる環境で、セキュアに実行することを目指している団体です。 Fastly、Mozilla、Arm、G…

もっと読む »

著名なセキュリティーリサーチャーのpiyokango氏が注目のシステムトラブルをピックアップ。今週の注目ネタは……。 今回は、3件のトピックを取り上げる。IoTマルウエアが悪用する脆弱性に関する調査結果と、神戸市で個人情報が閲覧可能になっていた事故、Classiが1年前に受けた不正アクセス被害に関する報告である。 Mirai…

もっと読む »

医療機器のセキュリティを守るために、インシデント訓練から何が見えたのか:IoTセキュリティ(1/2 ページ) 医療機器メーカーや医療機関、セキュリティベンダーなどが参加する医療機器サイバーセキュリティ協議会が、医療機器メーカー向けセキュリティインシデント訓練を実施。トレンドマイクロのインシデント対応ボー…

もっと読む »

トレンドマイクロでは常に現在の脅威に対する監視と調査を続けています。この活動の中で2021年初頭から既知のマルウェアファミリによるIoT機器への感染事例について再調査したところ、これまでに報告されたIoTマルウェアの中でも最も大きなファミリの一つであり、2018年に猛威を振るったIoTボット「VPNFilter」が感染し…

もっと読む »

トレンドマイクロでは常に現在の脅威に対する監視と調査を続けています。この活動の中で2021年初頭から既知のマルウェアファミリによるIoT機器への感染事例について再調査したところ、これまでに報告されたIoTマルウェアの中で…

The post ルータやNASに感染するIoTボット「VPNFilter」の流行から2年、その現状と課題を解説 first appeared on トレンドマイクロ セキュリティブログ.

もっと読む »

1年間で4万台以上! ネットワークカメラ「ATOM Cam」が売れている秘密:あの会社のこの商品(1/6 ページ) 2019年に創業したアトムテックは、ネットワークカメラ「ATOM Cam」を1年間で4万台以上販売した。高性能でありながら圧倒的な低価格を実現したことがヒットの理由だが、なぜ低価格で販売できたのか? 誕生の経緯…

もっと読む »

IoT/OTシステムへの攻撃を3社に1社が経験、半数近くが対策不十分を認識:IoTセキュリティ(1/2 ページ) IDC Japanが国内企業のIoT/OTセキュリティ対策実態調査の結果について説明。IoT/OTシステムに関わるセキュリティ事件/事故を経験した企業が36.4%に上る一方で、半数近くの47.7%がセキュリティ対策状況が不十…

もっと読む »

※MAMORIOに関する記述はインタビュー等で公言している内容を基にしていますが、最新の状況は異なっている可能性があります。 AirTag登場で久々に紛失防止タグに言及する人が多いAirTagについてMAMORIOやTileといった既存ベンダーに対して「終わったな」という意見や、はたまた「マーケット伸びるからこれからだね!」な…

もっと読む »

tl;dr 開発をはじめる前に、次の手順を実行しよう シェルスクリプトの保存 次のシェルスクリプトを ~/.git-template/hooks/pre-commit として保存しよう。 #!/bin/sh FILES=$(git diff –cached –name-only –diff-filter=ACMR | sed ‘s| |\\ |g’) [ -z "$FILES" ] && exit 0 echo "$FILES" | xargs docker run \ -v "$…

もっと読む »

インターネットにつながるIoTデバイスのソフトウェアに、新たに重要な脆弱性が見つかった。攻撃者がデバイスをクラッシュさせてオフラインにしたり、遠隔操作を可能にしたりするもので、少なくとも1億台、最大で数十億台に影響する可能性が指摘されている。 TEXT BY LILY HAY NEWMAN WIRED(US) ILLUSTRATION BY ELENA LA…

もっと読む »

どうも、都内の某企業に勤めるフルスタックエンジニアです。この記事では、ITの非専門家に向けて、オブジェクト指向の解説をしたいと思います。 小学生のプログラミング教育が開始されたり、AIやIoTなどの技術が身近になった今日、オブジェクト指向を理解しておくことは極めて重要です。なぜならば、オブジェクト指向はI…

もっと読む »

トレンドマイクロは「ROS-Iコンソーシアム」に参加し、産業用ロボットによるインダストリー4.0アプリケーションにおける安全な開発促進を支援します。 トレンドマイクロが長年にわたって成功を収めている秘訣の1つとして、新た…

The post ロボットOSSコミュニティ『ROS-I』への参画:より安全な未来を築くために first appeared on トレンドマイクロ セキュリティブログ.

もっと読む »

IoTや産業用デバイス向けにセキュリティソリューションを提供するForescoutが、「NAME:WRECK」と呼ばれる数百万台のIoTや産業用デバイスに影響をおよぼす可能性のある脆弱性の存在を報告しています。 NAME:WRECK – Forescout https://www.forescout.com/research-labs/namewreck/ NAME:WRECK vulnerabilities impact mi…

もっと読む »

日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら トレンドマイクロは8日、高速通信規格「5G」環境をサイバー攻撃から保護するセキュリティー製品を15日から提供すると発表した。一般企業が自社専用として構築するプラ…

もっと読む »

1. 開会 2. 説明 (1)サイバーセキュリティに関するインターネット利用者の意識調査結果等について (2)クラウドサービス利用時のセキュリティ向上に関する取組について (3)情報通信ネットワークの将来像とセキュリティ技術に関する標準化を巡る議論の 動向について 3. 質疑応答及び自由討議 4. 説明 (4)「IoT…

もっと読む »