437の結果を表示中

ソラコムのIoT向けAPIにホワイトボックス診断を実施。通常の診断だけでは拭えない不安を解消 | Flatt Security

株式会社ソラコムは2015年に創業。IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を通じて、IoTを実現するために必要な通信とクラウドサービスをワンストップで提供しています。2021年6月時点で、顧客数は世界140の国・地域で約2万顧客。 2017年にはKDDI株式会社による子会社化を発表しました。ソラコムの通信プラットフォームはKD…

数百万の制御システムに影響も、組み込みTCP/IPスタック「NicheStack」に脆弱性:IoTセキュリティ – MONOist

数百万の制御システムに影響も、組み込みTCP/IPスタック「NicheStack」に脆弱性:IoTセキュリティ JFrogのセキュリティリサーチチームとForescout Research Labsは、制御システムに広く利用されているTCP/IPネットワークスタック「NicheStack」に14件の脆弱性を発見したと発表。リモートでのコード実行、サービス拒否、…

グーグル、認証局サービス「Google Cloud CAS」を一般提供 – ZDNet Japan

Googleは米国時間7月13日、「Google Cloud Certificate Authority Service(CAS)」の一般提供(GA)開始を発表した。 プロダクトマネージャーのAnoosh Saboori氏は、10月にパブリックプレビュー版を発表して以降、市場で「大いに歓迎」され、「革新的なユースケース」が見られると述べた。 Google Cloud CASは、プライ…

中古のAmazon Echoを調べたら、そもそもみんな個人情報を消してなかったし、リセットしても個人情報を復元できてしまった | ギズモード・ジャパン

中古のAmazon Echoを調べたら、そもそもみんな個人情報を消してなかったし、リセットしても個人情報を復元できてしまった2021.07.08 21:00 Lucas Ropek – Gizmodo US [原文] ( mayumine ) Image: Victoria Song/Gizmodo US 中古品を売る、譲渡する時には改めて気をつけましょう。 Amazon Echo等のIoTデバイスは、一…

IoT製品・システムを安全に実装するための国際規格が発行されました (METI/経済産業省)

日本発の「IoTセキュリティガイドライン」、「つながる世界の開発指針」に基づいたIoTシステムの安全安心を確保する国際規格が発行されました。 本規格がIoT製品・サービスの開発や保守において広く活用され、つながる世界の安全安心な発展に寄与することが期待されます。 1.背景 IoT(Internet of Things)の進展に伴…

IoT製品・サービスにセーフティ・セキュリティ等を実装するプロセスが国際標準として出版 ~日本提案の規格が国際標準化団体ISO/IECにて出版~:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

我が国からISO/IEC JTC 1/SC 41に提案していた、「ISO/IEC 30147:2021 Internet of Things (IoT) – Integration of IoT trustworthiness activities in ISO/IEC/IEEE 15288 system engineering processes」が国際標準規格として成立し、2021年5月に出版されました。 IoT(Internet of Things)の進展に伴って様々な機器…

P2Pを利用するIoTボットネットの脅威動向を予測

モノのインターネット(IoT)は、ボットネット開発を試みるサイバー犯罪者の新たな攻撃領域となっています。サイバー犯罪者はボット型マルウェアによる永続的な感染活動にユーザが対処する間も、ボットネットの維持・拡大のためにデバ…

The post P2Pを利用するIoTボットネットの脅威動向を予測 first appeared on トレンドマイクロ セキュリティブログ.

協業強化の第1弾で、IoT機器向け国産ファジングテストツール提供開始:IoTセキュリティ – MONOist

富士ソフトは、FFRIセキュリティとのサイバーセキュリティ分野における協業を強化した。第1弾として、IoT機器向けの国産ファジングテストツール「FFRI Raven」と同ツールのテスト実施サービスを提供する。 富士ソフトは2021年6月1日、FFRIセキュリティとのサイバーセキュリティ分野における協業を強化すると発表した。第…

「Mirai」が狙う脆弱性が残るルーター、6年たっても国内で稼働する驚きの台数 | 日経クロステック(xTECH)

著名なセキュリティーリサーチャーのpiyokango氏が注目のシステムトラブルをピックアップ。今週の注目ネタは……。 今回は、3件のトピックを取り上げる。IoTマルウエアが悪用する脆弱性に関する調査結果と、神戸市で個人情報が閲覧可能になっていた事故、Classiが1年前に受けた不正アクセス被害に関する報告である。 Mirai…

医療機器のセキュリティを守るために、インシデント訓練から何が見えたのか:IoTセキュリティ(1/2 ページ) – MONOist

医療機器のセキュリティを守るために、インシデント訓練から何が見えたのか:IoTセキュリティ(1/2 ページ) 医療機器メーカーや医療機関、セキュリティベンダーなどが参加する医療機器サイバーセキュリティ協議会が、医療機器メーカー向けセキュリティインシデント訓練を実施。トレンドマイクロのインシデント対応ボー…

トレンドマイクロ セキュリティブログルータやNASに感染するIoTボット「VPNFilter」の流行から2年、その現状と課題を解説

トレンドマイクロでは常に現在の脅威に対する監視と調査を続けています。この活動の中で2021年初頭から既知のマルウェアファミリによるIoT機器への感染事例について再調査したところ、これまでに報告されたIoTマルウェアの中でも最も大きなファミリの一つであり、2018年に猛威を振るったIoTボット「VPNFilter」が感染し…

ルータやNASに感染するIoTボット「VPNFilter」の流行から2年、その現状と課題を解説

トレンドマイクロでは常に現在の脅威に対する監視と調査を続けています。この活動の中で2021年初頭から既知のマルウェアファミリによるIoT機器への感染事例について再調査したところ、これまでに報告されたIoTマルウェアの中で…

The post ルータやNASに感染するIoTボット「VPNFilter」の流行から2年、その現状と課題を解説 first appeared on トレンドマイクロ セキュリティブログ.

1年間で4万台以上! ネットワークカメラ「ATOM Cam」が売れている秘密:あの会社のこの商品(1/6 ページ) – ITmedia ビジネスオンライン

1年間で4万台以上! ネットワークカメラ「ATOM Cam」が売れている秘密:あの会社のこの商品(1/6 ページ) 2019年に創業したアトムテックは、ネットワークカメラ「ATOM Cam」を1年間で4万台以上販売した。高性能でありながら圧倒的な低価格を実現したことがヒットの理由だが、なぜ低価格で販売できたのか? 誕生の経緯…

IoT/OTシステムへの攻撃を3社に1社が経験、半数近くが対策不十分を認識:IoTセキュリティ(1/2 ページ) – MONOist

IoT/OTシステムへの攻撃を3社に1社が経験、半数近くが対策不十分を認識:IoTセキュリティ(1/2 ページ) IDC Japanが国内企業のIoT/OTセキュリティ対策実態調査の結果について説明。IoT/OTシステムに関わるセキュリティ事件/事故を経験した企業が36.4%に上る一方で、半数近くの47.7%がセキュリティ対策状況が不十…

AirTagやMAMORIOを語る前に最低限知っておいてほしい紛失防止タグという業界のこと。|泉水亮介/IoTスタートアップ|note

※MAMORIOに関する記述はインタビュー等で公言している内容を基にしていますが、最新の状況は異なっている可能性があります。 AirTag登場で久々に紛失防止タグに言及する人が多いAirTagについてMAMORIOやTileといった既存ベンダーに対して「終わったな」という意見や、はたまた「マーケット伸びるからこれからだね!」な…

数億台ものIoT機器がハッキングの危機に? 新たに見つかった脆弱性の深刻度(1/3ページ) – 産経ニュース

インターネットにつながるIoTデバイスのソフトウェアに、新たに重要な脆弱性が見つかった。攻撃者がデバイスをクラッシュさせてオフラインにしたり、遠隔操作を可能にしたりするもので、少なくとも1億台、最大で数十億台に影響する可能性が指摘されている。 TEXT BY LILY HAY NEWMAN WIRED(US) ILLUSTRATION BY ELENA LA…